原チャでゆく大阪・京都・奈良の旅。“三国境”

どぅもこんにゃくわ、「角川文庫」のことを「カクガワ文庫」と思って生きてきた小説苦手なウエモティです。幸運なことに生きることになんら支障はありませんでしたが。

実は白状しなければならないことがあります。
試験直前なのに…遊んできてしまいました!!

土曜、ガッコに行って自習しようと思ってたら…、結局家でダラダラしてしまい、いつの間にか昼過ぎに。
自分でダラダラしときながらテンションがガタ落ちになってしまって、息抜きがてらにどっか行くことにしたわけで。

さて、どこに行こう。原チャあるし多少のとこなら行けるぜ!
そういやずっと行きたかった場所があったんだ。

県境ってあるじゃないですか、2つの都道府県の境界線。
車での旅行の時に高速道路などで他都府県に突入した時、何か嬉しく感じませんでしたか?

ただ県境というのは無数にありますよね。線ですから。
ところがどっこい、地図の県境を指でなぞっていくと…他の県境と交わる場所あるじゃないですかっ!
そこを「三県境(サンケンキョウ)」というみたいですね。もてぃろん点なので無数にはなくて、日本に数十個しかありません。
参考にこのページをどうぞ ⇒ 三県境点

自分が住んでるのは大阪市北東。そこから一番近いのは…大阪・京都・奈良の三県境である「三国境(ミクニサカイ)」!

三国境へ行ってみたいと思いませんか~ウフッフ~♪

空を見るとどんよりとした曇り空。どうかなるべく降りませんように。

出発。国道1号線に乗り枚方まで直進。枚方の中振で東に方向を変え、交野を目指す。県道18号・7号線と乗り継ぎ、目的地の山のふもとまで到着。ここまで約1時間。

原チャなので休憩いらずで登山開始。原チャでね。
うわ、予想以上に傾斜がきついっ!大丈夫か我が原チャ…。

カーブはそんなにきつくないんだけど、2車線がたまに1車線になったり乗用車同士が鉢合わせてしまうとどちらかが2車線のとこまでバックして譲り合わなきゃな道。大阪と奈良をつなぐ山道だけど交通量はかなり少なめ。

原チャ万歳。この際スピードは関係ありません。

数十分かけて最高地点へ到達。とりあえずここが大阪と奈良の県境かな。
原チャはかなり熱くなってた。
まぁダイジョブだろ、東京から帰ってきたんだしなっ!(

ここからはついに三県境探しを開始。持参してたマップも広域図になってしまって、詳しくはわからないので手探りで探索。

数分後、三県境へつながるらしき道を発見。だが…!

オレの行く手をさえぎる障壁A。

ちょwwwwどゆことwwwwwwwwwww

あっけにとられてどうしようか悩んでると、軽トラに乗った人がやってきた。そのゲートを開けて行こうとしたので突撃!隣の晩ごはん!


自分「すいません、これってやっぱ通っちゃダメなんですかね…?」

おばちゃん「そうねぇ、それより別に田んぼだけで何もないよ?」

自分「そうですか…う~んどうしよう…。」

おばちゃん「歩いてなら入っていいんじゃない?」

自分「ソレダ!!!!!!!!!!!11」


その手があったか!盲点だったよ!(誰がなんと言おうと盲点です

名案を思いついてくれたおばちゃんに礼を言い、原チャを置いて先へ進むことに。

うえもてぃ「すまなんだな、わかっておくれ」
りゅうきち「ぶぉんぶぉん」


決して綺麗に舗装されてるとは言えない道を登っていく。と数分後、なんと道が切れて行き止まり。
周りを見渡しても田んぼだらけで先へ進む道がない。地図には道があるのにっ。

ここまで来て諦められるかっ!田んぼの間の狭い道なき道を歩いてそれらしい方向へ進む!

数分後…

オレの行く手をさえぎる障壁B。

ちょっ…。さすがにこれは真剣に困る…。

役所が決めた「立入禁止」なら注意食らうくらいで済みそうなんだけど私有地はね…。
どんな罠が仕掛けられてるかわからないし見つかったら何されるかわかんないわけで。

泣く泣く諦めて帰ろうと思い、途中で畑仕事をしてたおっちゃんと会話を。


自分「立入禁止の看板あったんで帰りますわ…。お邪魔しましたっ。」

おっちゃん「あ~あの看板気にせんでエエよ。先入って進んだらエエ。」


気にせんでエエんかいっ!!(゚Д゚;)
どう見ても違う地主さんです。本当に(ry
でもまぁ…そう言ってくれたんだから奥に進むことに。よかった…。

奥に進むと田んぼは終わり、また山道に入った。
勘と地図で確認しつつ歩を進め、さらに奥へ誘うわき道発見。どうやらハイキングコースらしいが…入ってみる。

梅雨のせいか足元の状態は悪い。ビーチサンダルで来てしまったオレ乙。

すごい静かだった。生き物の鳴き声のみ。

暗い山林道。時刻は18時過ぎ。完全に暗くなる前に出ないと。

途中、笹やぶが曲がって、トトロの世界に入る道のようになってた。神秘的。

なんで大阪やねん やねん!

数分後なにやら看板があるところに到着。やった…!?

そこは三国境じゃありません。

へっへぇ…誤りの三国境かよ!ぬか喜びか!
でももう近くに本当の三国境があるってことだな。
看板の情報を頼りにさらにわき道に入る。完全に山道。ハイカーの道だ。

上がり下がりを繰り返すと「三国境」を示す小さい立て札が。

うっすらと「三国境」。

先ほどの看板よりもかなり小さい。
この辺りに他に三国境を示すものがないか歩き回っても、ない。

探しまわってもないし、かなり暗くなってきたので帰ることに。
数分迷ってたのは内緒。あぶねぇ。

帰りは行きと同じ道を通ってふもとまで下りた。下りは楽ちんやねぇ。
百万ドルの夜景をどうぞ。

凡夜景(

ふもとに下りた後は行きとは別のルート、県道736号・20号線・国道163号線を乗り継ぎ帰宅。

雨は帰りに数分降った程度。これもラッキーだった。
ちなみに行きは道程50㌔で、帰りは35㌔だった。行きに15㌔も何してたんだオレ。

とまぁこんな感じでした。やっぱ旅はいいもんです。

今日からまたばんがって試験も乗り切りたいと思います!



追伸。今朝風邪ひきました。のどがやられた。
⇒ 薬を飲む ⇒ 副作用で催眠作用(寝ろってことなんだよね、本当は。) 
⇒ ダルー
せっかくガッコ来たのにしんどくてダメだ…OYZ
まぁ何か1つでも多く吸収して帰りますぜぇ…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

綾都ゆう
2006年07月09日 14:05
な、なんて活動的なお人だ…(゚∀゚)


試験勉強ばんがれ!
七折
2006年07月09日 14:29
とんでもねぇ暇人ですね('A`)
「そこは三国境じゃありません」で吹いたwww

まあそんな日があってもいいかもね
てんつぁ
2006年07月09日 21:14
お前世界ウルルン滞在記にでれるよ
響木
2006年07月09日 21:57
なんかかっこいい(*´ェ`*)
りば
2006年07月10日 00:56
学生のうちに遊いまくるんだあああああああ

ぃぁ、もう十分れすが|`)
brightree
2006年07月10日 01:33
何か自然界っていいですよね~
最後の夜景もいいですねぇ。
あんな田舎ですんでたら、彼女連れてきてもなんとも無いですね
声とかもれないしw
おさわり
2006年07月10日 14:20
あっ!全部俺の立てた看板だ。なつかしー☆
はる
2006年07月11日 01:56
おつかれ。  迷って3日後にニュースで流れました
そういうのだったらもっと面白かったのn(

学校とは・・ 寝る場所である。
ただし寝冷えには注意。
サチ
2006年07月11日 08:58
気分転換にも程があるよっっ(笑
どこまで行ってんのさ!
でもいつか原チャリで日本一周してくれるんじゃないかとちょっぴり期待してる。
2006年07月12日 08:25
>>綾都ゆう
昔はチャリ乗って自分の力で行ってたのにねぇ、老いたもんじゃわい。
あい、ばんがります!

>>七折サン
いや、実は半日もかかってない事実。
探して行こう、あなたの街の三県境!

>>てんつぁ
どうみても近畿ウルルン滞在記です。
ってホームステイ以前に日帰りですよ(

>>響木
それ僕も思いました!

>>りば
>遊いまくる
目の前に社会人の癖に遊んでる人がいます。
学生のうちに、なんて遊ぶための言い訳だ!
2006年07月12日 08:26
>>brightree
んむ、どちらかというと、大都市より中堅都市の方が好き。生活に最低限必要なレベルの店・娯楽施設・公共機関さえあれば、一概に田舎といわれてる所の方が好きかな。徳島…下宿したかったぜっ(´Д⊂)
このネタで何気なくエロスを口にしたのはぶらいだけっ(

>>おさわり
  _, ,_
( `Д´)<ゴミはちゃんと抜いて持ち帰って!

>>はる
どう見てもニュースになるような人物じゃありま(
迷った時は結構焦ったぜゴルァ…。
冷房はイイッ…だが諸刃の劍ッ!

>>サチ
大阪府なら庭ですが何か(
まぁ泉州行くより断然近かったけどね。
全国一周…やっぱ頭にはあるけど、
東京-大阪であれだったしね…でもいつかはっ!

この記事へのトラックバック